中高年男性へのガン予防のためのオナニー奨励

中高年男性へのガン予防のためのオナニー奨励

大人の遊戯をご覧になってる中高年の男性の皆さま、いつまでも元気で、セックスの方も現役で頑張りたいところです。

しかし年をとるにつれ、色々と身体の不都合が出てきます。

貴方の周りの同世代の方で、ガンになられた方もいらっしゃると思います。

突然襲ってくる病魔!

貴方は大丈夫ですか?

本日は、中高年男性へのガン予防のためのオナニー奨励?
という、大人の遊戯的なお話しです。

男性のガンの現状

2010年代前半までの男性のガン罹患数(病気にかかった数)は、胃ガン・肺ガンが上位でした。

しかしここ数年、前立腺ガンが急激に追い上げて、現在男性のガン罹患数は前立腺ガンがトップなってるようです。

前立腺ガンとは、男性にしかない生殖器の「前立腺」に発生する病気で、男性ホルモンが関与しており、加齢によるホルモンバランスの変化が影響してると考えられてます。

前立腺がんが増加している原因として、高脂肪食など生活習慣の欧米化、社会の高齢化などが考えられています。

健康診断で行える簡単な検査の普及や、診断技術の向上に伴い、早期から発見することができるようになっていますので、中高年男性は検診等をきちんと受けて注意するようにしましょう。

前立腺がん予防に射精

欧州泌尿器科専門誌「European Urology」によると、射精する回数が多い男性は、少ない男性に比べ、前立腺ガンになりにくいと報告されてます。

調査を行った米ハーバード大学公衆衛生大学院のジェニファー・ライダー氏らによると、1カ月当たりの射精回数が21回以上の男性では、4~7回の男性に比べて前立腺ガンを発症する危険性が2割前後低かったという。

前立腺がん予防には、射精の回数が多い方が良いのです

米医師会誌「JAMA」に掲載された記事によると

46~81歳だった男性の医療従事者約3万人を2000年まで追跡調査したところ、1カ月当たりの射精回数(性交、夢精、自慰での射精を合わせた回数)が21回以上の人では、4~7回の人に比べて前立腺ガンになる危険性が3割低下することが分かった。

つまり中高年の男性は、1ヶ月当たり射精回数21回以上がもっとも予防効果があると見られてます。

男性が生涯にわたり頻繁に射精することが前立腺ガンの予防という観点から良い影響をもたらすのです。

射精の方法

中高年になると更年期障害や体調の影響で、女性の方がセックスに関し遠ざかることも良いです。

また独身でセックスが出来ない人も居るでしょう。

でも安心してください、射精の方法はセックスだけでなくオナニーでも良いのです。

射精することが重要なのです。

1ヶ月に21回以上を目標に、ドンドン擦りましょう。

中高年男性へのガン予防のためのオナニー奨励です。

オナニーの手助け

ドンドン擦れと言っても、中高年いなると自分の手の刺激だけでは物足りなく、中々勃起しないときもあります。

そんな時のオナニーの手助けにオナホールをお勧めします。

オナホールとは、女性の性器をリアルに再現した、男性用のオナニー補助グッズです。

数多くあるオナホールより、一つご紹介します。

あそこ再現しちゃいました。極穴

あそこ再現しちゃいました。極穴
あそこ再現しちゃいました。極穴

まるで本当のセッ●スを体験しているかの様なリアルな使用感のホールが誕生しました。 その名も「あそこ再現しちゃいました。極穴」、究極のリアル・オナホールです。 この「極穴」最大の特徴はリアルで卑猥な挿入感。

あそこ再現しちゃいました。極穴

女性器の名器と言えば、「ミミズ千匹」や「カズノコ天井」。

その名器を研究され、それをリアルに再現した内部構造。

一度挿入すれば、アッと言う間に射精まで一直線!

オナニーの手助けにオナホールは如何です?

大人の遊戯

中高年男性へのガン予防のためのオナニー奨励

男性のガンの現状、前立腺がん予防に射精、射精の方法、オナニーの手助け

についてのお話しでした。

オナホールにご興味のある方は↓より色んな種類のオナホールをご覧いただけます。

大人の遊戯情報をお届け!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です